口唇ヘルペスを早く治すには?正しい治し方公開

口唇ヘルペスは早めの受診と日ごろのケア

性別:女性
年齢:34歳
職業:専業主婦

 

中学生の時になったのが始まりでした

口唇ヘルペス

私は中学時代ソフトテニス部にはいっていました。
毎日練習で日焼けもよくしていました。試合の時は早起きして行くので、体力も色々と消耗していたと思います。
日焼けと疲れが溜まった時、唇の同じ場所にできるようになりました。とても痛く、その頃は日焼けしたんだという感じで思っていたのでそのままにしていました。

 

朝起きたら、枕が血まみれに。。。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスになった時は、病院も行かず、そのまま自然治癒に任せていたので、唇は腫れ、膿んだり乾燥したりの繰り返しで、なかなか治らなかったのを覚えています。
とても痛かったです。
寝ている間は、唇もそんなに動かないので、乾燥し、かさぶたができて治りかけのようになるんですが、朝、眠りが浅い時など動かしているようで、起きたら枕が血まみれです。
その繰り返しでほんとに痛かったです。
高校の時も硬式テニス部でしたが、やっぱり一緒で、試合の時や朝練があったり夏場の時など同じ場所に口唇ヘルペスができていました。
そのころの写真があるのですが、とても痛々しいです。学校に行き、友達に見せるのが嫌でした。
学生時代は、朝起きたら、まくらが血まみれで痛い思いをずっとしていました。そのことが、とても印象的です。

 

口唇ヘルペスには早めの対策を!

何回も同じ所に口唇ヘルペスになり、枕が血まみれになったり腫れたりするので、20歳ぐらいにやっと病院にいきました。
口唇ヘルペスになる原因は色々とあるようです。もちろん日焼けもきっかけの一つみたいです。
何回もなることで、あっ!だんだん腫れてきそう!と、もうすぐ、口唇ヘルペスになるかもという感覚がわかってきました。
そこで、あっ、口唇ヘルペスになりそう!と思った時は気をつけて、口唇ヘルペス用の薬を塗るようにしました。
薬はべっとり感があるので気持ち悪いですが我慢しました。すると、悪化もせず最小限におさえられることができました。
もちろん、睡眠不足や疲れをためることはよくないと思います。
できるだけ、規則正しい生活をするようにしています。
それと、UV効果のあるリップをまめに塗ることで、刺激をあたえないようにしています。
4月頃から紫外線が強くなってきます。忘れそうになりますが痛い時のことを思い出し塗るようにしています。
もし、薬がないときはやっぱり早めの受診が1番だと思います。
じゅうぶんな睡眠をとり、なりそうなときは口唇ヘルペスの塗り薬を塗る。まめにUV効果のあるリップを塗るということをしてからは、今はほとんどならないようになりました。

 

 

おすすめリンク

ブラックペイントブラックペイントで日頃のケアを。ヘルペスに負けない清潔な日々の為に

 


【注目記事】
りぷさぷりの説明ページ
ピリピリ・チクチク・ジュクジュクを繰り返さないように商品化されたりぷさぷりを管理人がピックアップし解説しています。どんな商品なのでしょうか?!

トップページ ヘルペスとは 症状 種類 原因 再発 移る 予防