口唇ヘルペスの症状をしり正しい治し方を理解しよう 口唇ヘルペスを早く治すには?正しい治し方公開

口唇ヘルペスの症状をしり正しい治し方を理解しよう

口唇ヘルペスの症状をしり正しい治し方を理解しよう

 

ここでは、口唇ヘルペス症状について紹介をします。

 

口唇ヘルペスの症状の流れは大きく別けるとと4つの工程に別れます。
それぞれの工程について詳しくみていきましょう。

 

発症の予兆

発症の予兆

口の周りが水ぶくれが出来る、表面に現れる前に、前駆症状と言う予兆が現れます。
発症部位または周辺あたりでチクチクしたり、普段と違う感覚を覚えたり、かゆみやほてりなど違和感を感じる事があります。
これは口唇ヘルペス予兆である場合があり、この場合は後に(大体1日以内)赤く腫れたり水泡が出来たりと次の工程へと進んでいきます。

 

腫れる

腫れる

予兆が発生した後に、口唇ヘルペスが目で見える様に赤く腫れあがり始めます。
ヘルペスのウィルスが活発になり増えている状態ですが、この段階から予防や治療を施す事で早く治す近道になります。

 

水泡が出来る

水泡が出来る

赤く腫れた後にぽっこりと水泡が幾つかでき始めます。
この水泡は初めての人はやや大きめで、再発を繰り返している人は少し小さめの傾向にあり、人により大きさ等の違いがあります。
またこの水泡の中にはウイルスが含まれていてますので、破けて外へ出ると感染の元にもなりますので注意が必要になります。

 

かさぶたが出来、完治する

かさぶたが出来、完治する

水泡が潰れ空気に触れます。

 

乾燥するとでかさぶたになります。

 

そしてだんだんと口唇ヘルペスが治ります。

 

 

 

この1〜4のサイクルの期間は大体2週間のケースが多く早期に発見し予防、対処を施す事で早く治す近道になります。
良い治し方は早期発見、初動時期がカギになります。

 

このような、1.発症の予兆、2.腫れるなど早い段階で発見し早期に対処をしましょう。

 


【注目記事】
りぷさぷりの説明ページ
ピリピリ・チクチク・ジュクジュクを繰り返さないように商品化されたりぷさぷりを管理人がピックアップし解説しています。どんな商品なのでしょうか?!

トップページ ヘルペスとは 症状 種類 原因 再発 移る 予防