口唇ヘルペスは移るのでしっかりと予防しよう 口唇ヘルペスを早く治すには?正しい治し方公開

口唇ヘルペスは移るのでしっかりと予防しよう

口唇ヘルペスは移るのでしっかりと予防しよう

 

口唇ヘルペスは、非常に感染力が強く、この口唇ヘルペスの単純ヘルペスウィルス1型に感染している人は約70-80%、単純ヘルペスウィルス2型に感染している人は約10%と言われています。

 

口唇ヘルペスの症状がでている時はウィルスが活性化している為移りやすい状態です。
中には感染していても症状が出ていない(自覚が無い)場合でも、唾液や精液にウィルスがいる事も有り、稀に感染の恐れもあります。

 

この口唇ヘルペスの感染率は10%程と言われており、以外にも少ない数字です。

 

それは、すでにその人が免疫力を持っていたり抗力が強かったりする(健康体の人であれば角質が厚い)ので、感染しにくいのではとい言われています。

 

逆に傷口やアトピーなど弱い状態の時、ウィルスに感染すると考えられます。

 

 

移る可能性の高い具体的な例

 

くしゃみ

くしゃみ

ウィルスは、くしゃみや咳などで飛び散る唾液に潜そみそれが感染源となるなる場合が有ります。


 

キス

キス

キスをすることは口と口を付ける事になりなりますので唾液が感染源になる可能性があります。
親密な関係であればあるほど移りやすいでしょう。
また、赤ちゃんの場合は親子でキスをする場面が多いと思いますが、実はほとんどの場合この時期に口唇ヘルペスウイルスが移っていいるとの事です。
この事から「愛のウイルス」と言わる事もあります。


 

接触

接触

口元にできる水ぶくれを触った手で他の人に触ったりすると移る可能性があります。
塗り薬を使用する際に手で直接塗るかもしれませんが、手袋や塗った後は良く洗うなどして注意しましょう。


 

間接

間接

口元にできる水ぶくれに触れた食器や箸、タオルなどを、他の人が触ると感染のする可能性があります。

 


 

このような事で感染する恐れもありますので、予防をしっかりと行いましょう。

 


【注目記事】
りぷさぷりの説明ページ
ピリピリ・チクチク・ジュクジュクを繰り返さないように商品化されたりぷさぷりを管理人がピックアップし解説しています。どんな商品なのでしょうか?!

トップページ ヘルペスとは 症状 種類 原因 再発 移る 予防